top of page

ファスティングの種類とスケジュール管理について

私たちはなにかと忙しいですよね・・・


ファスティングのために一週間を使うのが難しいという場合、このファスティングの種類を知ることで、それぞれのライフスタイルに合わせたファスティングをすることができるのではないかと思います。


半日ファスティング:半日/小食効果

インターミッテントファスティング:食べない時間を16時間/オートファジー効果

1日ファスティング:1日/休息効果

複数日ファスティング:3日以上/デトックス


半日ファスティングでは、3食のうち朝食をENZYME DRINKに置き換えることを指します。

インターミッテントファスティングは、朝食または夕食をとらず、食事をする時間を12:00~20:00のみとする方法です。

1日ファスティングでは、1日の食事のすべてをENZYME DRINKと水(カフェインのないルイボスティーなども)で過ごす方法です。


3日以上のファスティングには、標準的なファスティングとロングファスティングがあります。

こちらに関しては、必ずファスティングの正しい知識と経験を持つ人からサポートしてもらってください。

CLAIRでもファスティングサポートをさせていただいておりますので、ご興味がある方は、お気軽にお問合せくださいませ。


年4回のファスティングをオススメしておりますが、その時間がとれない場合、

たとえば、

年2回は3日ファスティング、

少し食べ過ぎたときは半日ファスティング、

1日プラス準備期と回復期の3~5日とれそうなときは1日ファスティング、

にしてみるとか、


1日食べないのはきつかったので、

半日かインターミッテントファスティングをし続ける、とか。


短いファスティングの場合、やり方はご自身で決めていただいてOKです。

ポイントは続けることなので、無理せず。。。


あとは、求める効果をどう考えるかですね。

「こうなりたい」がある場合、その方にぴったりのファスティングをご提案することもできます。

ご自身にあった、できるだけラクなファスティングが見つかるといいなと思います。


それでは、今日もステキな一日を♡

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page