ファスティングがカラダに起こすこと2

今日は断食2日目に起こることについてご説明しますね。


それは、ずばり内臓脂肪燃焼です!


脂肪燃焼には色々な利点があります。

この脂肪を材料にアディポネクチンというホルモンが分泌されて血管の大掃除をしてくれます。地球2周半もの長さがあるという血管をあっという間に大掃除してくれる奇跡のホルモン。

嬉しいですね。


続いて脂肪毒を放出します。

脂肪にはたくさんの病気の情報が書いてあるそうですこれが脂肪燃焼によって減っていきます。


さらに・・・


脂肪燃焼する際に

ケトン体という化学物質を体がつくりだすんです。

ケトン体はブドウ糖の代わりとなり、体のエネルギー維持をしてくれます。

このケトン体はどんどん増え、以下のような効果をもたらします。


〇脳内のα波を増やし爽快感を感じる

〇満腹中枢を刺激し空腹感を減らす

〇βエンドルフィン(快楽物質)を増やし幸福を感じる

〇酸化ストレスから守る

〇自律神経のバランスを改善する


このように、カラダの中では多くの変化が起きています。


「食べないこと」が心地よさにかわり、

睡眠の質、寝つき・寝起きが良くなるでしょう。


断食2日目も楽しめそうですね。


ファスティング中に

是非読み返して、イメージしてみてくださいね。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示